オビさんの豆知識
オビさん
畳の掃除方法
●乾拭きと濡雑巾掛け どっち?
い草は田んぼで刈り取った後、白土で練り上げた水の中につけ、乾燥させます。この白土が中まで浸透し汚れを防ぐ保護剤になっています。ですから畳をふくときには乾拭きが原則です。

●極度の汚れの場合
どうしても汚れがひどく、濡れ雑巾を使うときは雑巾をかたく絞ります。また洗剤類をきらいますので、酢をうすめた液で手早くふきとりましょう。

●電気掃除機の場合
電気掃除機を強くかけると畳表を傷め易いので、畳の目に沿って軽くふれる感じでゆっくりとかけてください。また、ホコリや毛髪がたまらぬよう、毎日欠かさず掃除するようお勧めします。

●カビが発生したら...
畳は湿気を嫌がりますので、長持ちさせるには、部屋や床下の風通しをよくすることです。防虫にも効果があります。新築住宅の場合、特にこまめにしましょう。
万一カビが発生したら、あわててふかないで、部屋の風通しを良くし、乾燥した時点でほうきで拭き取り、乾拭きしましょう。
畳と虫
●ダニが発生したら...
掃除機で数回吸い取り、風通しを良くします。その後できれば畳を上げて除湿機で乾燥するとダニの発生は止まります。

●虫を防ぐには...
梅雨時でも天気のよい日は窓を開けて風通しをよくし、室内を乾燥させます。毎日ていねいに掃除をし、ゴミの発生源をつくらないことです。
また、畳の下に防虫シートを敷いたり又は床とゴザの間に防虫シートを入れると良いでしょう。畳の上にジュータン類を敷くのはやめましょう。畳の感触がなくなるほかダニの発生の温床になってしまいます。

畳替えについて
●畳替えの手順
朝、畳を引き取りに行きます。その時見本をご覧頂き、畳表、縁、防虫対策等を決めます。
畳を持ち帰り、作業をします。この間は買い物等に出かけて頂いても結構です。
夕方、出来上がった畳をお持ちし、敷き込みます。

●家具について
タンス等はカグスベールを使って移動しますのでそのままで結構です。
小物、こわれやすいものは片付けておいてください。
特に重いタンスや本棚、食器棚等は中の物を出して頂く場合があります。

●畳替えの時期
畳表は3〜4年で裏返し工事をされますと、また新畳に近い畳が楽しめます。
表のい草が擦り切れて白い芯が出たり、ケバ立ちが目立つようになれば表替えをしましょう。
よく踏むところなど凹凸が感じられれば、次の畳替えの時は床の修理が必要です。長年使用して修理に耐えられない時は床も新しくして下さい。

▲TOP

畳の張替え畳表の紹介オビさんの豆知識ほっとひといき会社案内ホーム